読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家は、トマトの種だらけ。

二歳の娘との、毎日の暮らしを綴っています。

“皆幸せ”が、幸せ。

ふと思うこと 今日のハル-二歳四ヶ月

 

ハルは、誰かが怒ったり泣いたりしている様子が苦手です。

絵本でそうした場面に出くわすと、見せないでと言わんばかりに

逃げ出し、早く先の頁へ進むよう遠くから指示を出します。

テレビの場合には、同じく隣の部屋などへ駆け込み、

物陰から不安げに見つめているか、もしくは観ないで済むよう、

懸命に手で顔を覆っています。

 

ぎゅっと目をつぶり、ちいさな手を顔に当てる仕草は、

まるで誰かを悪く思うときなどの嫌な気持ちが

自分の中へ入り込むことのないよう、全身を塞いでいるみたいです。

 

そして反対に、ハルは誰かが笑っていたり、

楽しそうにしていたりする様子がとても好きです。

その場にいる皆が仲良く遊んでいる光景などを見ると、

本当に嬉しそうにしています。

 

ハルにとって、哀しみや幸せは、

それが誰か知らない自分以外のものであっても、

けして他人事ではないのかも知れません。

 

 

 

f:id:someyakaoru:20170305124243p:plain

 

 

 

たとえばどこかに困っている人がいて、

その人に手を差し出したときに、

「その人が助かるなんて、ずるい。」と言う

別の誰かがいたとしたら、私には、その人もまた、

本当は助けてもらいたいのだというような気がしてなりません。

だけれども助けてほしいと言えないで、

あるいは言ってはいけないと自分に言い聞かせて、

苦しんでいる

もしか自分が助けてもらいたいのだということに、

気がついていないということも、あるのかもわかりません。

 

ある程度生きていたら、哀しみのまるで無い人など、きっといないのでしょう。

皆それぞれに、様々な思いを抱えているように感じられます。

 

本当は、皆が助かれば良い。

哀しみの比べ合いではなくて、

苦しみのぶつけ合いではなくて、

皆が幸せになったら良い。

 

けれど、もしも助けの必要な人皆を

掬い上げることができないのだとしたら、

それは、制度や理解が不十分であったり、

各々があんまり精一杯で、差し出す手が足りないだけ。

自分は苦しくても仕方がない。

だから、あの人も苦しんで当たり前。

そんなふうに納得して生きるのは、

余程苦しく哀しいことのような気がするのです。

 

 

皆が幸せになったら良いと、皆がそう思うだけで、

少し、何かが変わる…。と言うより、

誰かが困っていたら心配になるし、苦しんでいたら心が痛む、

誰かが泣いていたら哀しいし、笑っていたら嬉しい、

私たちの心は、もとは確かにそうできている。

 

手を顔に当ててもたれるハルの頭を撫ぜていると、

ふと、そんなふうにも思われるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:someyakaoru:20160818222529p:plain