我が家は、トマトの種だらけ。

二歳の娘との、毎日の暮らしを綴っています。

あの子と、私。

 

 

何もかも上手くいかなくて、

すべてを投げ出してしまいたくなる日でも、

あの子の頬を、髪を、撫でることはできる。

 


胸の苦しくなるほどに憂鬱で、

溜め息のもれる日でも、

あの子をぎゅっと、抱きしめることはできる。



思わず涙のこぼれるような、

ひどく気持ちの塞ぐ日でも、

深呼吸をして、

あの子に大好きよって言うことはできる。


疲れ果てて倒れ込むように眠る日でも、

寝ているあの子のちいさなおでこに、

おやすみのキスをすることは、できる。


 

 

一緒にごはんを食べられない日には、

あの子が美味しそうにほおばる顔を

思い浮かべよう。



お散歩へ行けない日には、

帰って、あの子と二人、手をつなごう。


ほとんどお話を聴くことのできない日には、

何かひとつくらい、あの子の言葉に頷いて、

あの子の世界に感動しよう。


あの子が泣くとき隣で寄り添えない日には、

あの子の一等お気に入りの歌をうたおう。


 


あの子と、私。

今日も、明日も、たくさん笑おう。

あの子が笑えば、私も笑う。
私が笑えば、あの子も笑う。

 


ほら、おいでおいで。
野薔薇が咲いているよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:someyakaoru:20170920214137p:plain

 

 

 

  

 

 

 

f:id:someyakaoru:20160818222529p:plain