我が家は、トマトの種だらけ。

二歳の娘との、毎日の暮らしを綴っています。

またあとで、抱っこしようね。

 

f:id:someyakaoru:20170722165349p:plain

 

何やら本当に、あっという間で日が経ってしまいました。

仕事へ出るようになり、毎日とにかく慌ただしくて、

世のお母さんたちはよくこれで暮らしを紡いでいられるものだと

感心してしまいます。

 

せわしい朝に始まり、休む間もなく夜になったかと思うと、

いつも、ほとんど気絶するように眠ってしまうのです。

 

ハルも、保育園でがんばっていることの反動か、

全力の甘えや癇癪を見せ、

親子共々やたらとくたくたの数ヶ月でした。

 

今日は偶然が重なり、久しぶりに

こうして近況を綴る機会を得ましたが、

私はまだ当分この調子のまま、秋を迎えそうです。

 

ハルはと言うと、先月の途中頃から

ようやく保育園にも馴れ、楽しく通園できるようになってきました。

四月から、実にふた月以上かかりましたが、

今では、先生やお友達のことを嬉々として話してくれています。

 

 

朝は、私の方が早く家を出るので、

夫と保育園へ向かうハルは、玄関で見送ってくれます。

そして、そんなとき、いつもこんなふうに言うのです。

 

「またあとで、抱っじゅしようね。」

 

その、どこか覚悟を決めたような表情は、

けれどもこの上なく切なくて、

涙ながらに言われると、いよいよ

ぎゅっとぎゅっと、抱っこせずにはいられません。

 

「うん、またあとで、抱っこしようね。

保育園から帰ったあとでも、沢山、抱っこしよう。」

「ね、抱っじゅしようね。」

「ね、抱っこしようねえ。」

 

 

離れて過ごす時間を、なかったことには

できないのかも知れませんが、

毎朝、こうしてお互いへの思いを伝え合うひとときが、

今の寂しさそのもののようでもあり、また、幸せでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:someyakaoru:20160818222529p:plain