我が家は、トマトの種だらけ。

二歳の娘との、毎日の暮らしを綴っています。

ハルと蜜柑

 

果物好きのハル、とりわけ

お気に入りなもののひとつが蜜柑です。

 

昨年の冬に初めて食べた以来すっかり夢中で、

旬の終わる今年の春先まで毎日のように食べ続けていました。

 

それからしばらくお預けと思いきや、

今時はハウス蜜柑なるものがあり、

夏場には、また早々に解禁となります。

そして初秋の頃からは早摘み蜜柑が登場し、

結局ほとんど一年中食べているのでないかという具合です。

 

つい先日は、ご近所の方からお庭に成った立派な蜜柑を

いただいたのですが、それもすぐにたいらげてしまいました。

バナナ然り、この時期には蜜柑も我が家には欠かせません。

 

 

f:id:someyakaoru:20161113154844p:plain

 

所々青みがかった張りのある皮に指をかけて、えいと剥くと、

ほのかにもう香る匂いに、いつも二人して鼻をくんくんとさせてしまいます。

 

 

この春まで、蜜柑の皮を剥くのは私の担当でした。

隣で待つハルは、はやる気持ちを抑えきれずに

そわそわと私の手元を覗き込んでいたものです。

 

中の薄皮を向き、あるいは筋をとって半分に割り、

そうしてひとつ、またひとつとお皿に並べていくのですが、

置いた傍から食べてしまう勢いのため、休む間がありません。

「よく噛んで、ゆっくり食べようね。

口の中ごっくんして、無くなったら次を食べてね。」

そう言うと、ハルは嬉しそうに「ないない!」と

大きな口を開いて見せてくれます。

 

それが、この夏からは、例の「あう( ハル )」で

自分と蜜柑とを交互に指差し、自分で皮を剥きたいと言い出したハル。

今では少々固いヘタのところ以外は、すっかり自分で剥けるようになりました。

 

早く早くと急かされながら薄皮を剥いていた

数ヶ月前を懐かしく思いだしながら、

このちいさな蜜柑ひとつにもハルの成長が見られることに、

とても頼もしいような心持ちになるのでした。

 

 

 

f:id:someyakaoru:20161114095901p:plain

 

ちなみに、お食事用のエプロンは最近ちっともつけてくれません。

皆さん、どうしていらっしゃるのでしょう。

エプロンをまたつけてもらえることを期待するか、

あるいは服を汚さず食べられるようになることを期待するか….。

いずれにしても、随分先の話になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:someyakaoru:20160818222529p:plain

 

 

someyakaoru.hatenadiary.jp