読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家は、トマトの種だらけ。

二歳の娘との、毎日の暮らしを綴っています。

封じられたドライヤー

 

お風呂上がり、私が髪を乾かしていると、

先に夫とお風呂を済ませたハルがやって来ます。

そして、私をじっと見上げて一言。

 

「いや!」

 

…今、ハルが最も苦手としているもの、

そのひとつがドライヤーです。

掃除機をかける音や、トイレの水を流す音、呼び鈴の鳴る音まで、

音のなかでも苦手としてきたものは幾つかあるのですが、

このドライヤーだけが未だに克服できずにいるのです。

 

「お母さん、髪の毛を乾かしているのよ。ほんの少しだから良い?」

と訊いても「いや!」。

「風さん風さんふいてきて、お母さんの髪乾かして。」と、

ハルの好きな絵本の一節を拝借して言いかえてみても「いや!」。

 

よもや私のいやがることはしないでしょう、というような目で

真っ直ぐに見つめられるので、どうにもいたたまれせん。

それで、仕方なくドライヤーは諦めてしまいます。

 

 

脱衣場のドアを閉めればさほど大きな音でもないので、

わざわざ来なくとも居間で楽しく過ごしていて良いのよ、

と思うのですが、どうもそうはいかないようです。

これから秋も深まり、また冬にもなれば、

濡れた髪のままいては風邪をひいてしまいます。

ここはなんとか、ドライヤーとも早く仲良くなってもらいたいところです。

 

遊びに熱中していて音に気がつかないのか、たまに最後まで

しっかりと乾かすことのできる場合もあり、そんな日は、

急くことなくドライヤーを使えるありがたみをしみじみ感じながら、

お風呂上がりのわずかのひとときを満喫しています。

 

 

f:id:someyakaoru:20160907234905p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:someyakaoru:20160818222529p:plain