読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家は、トマトの種だらけ。

二歳の娘との、毎日の暮らしを綴っています。

おすすめの人

大人の言うことを聞け

“大人は、どうして子どもだったときのことを忘れてしまうのだろう。” 物心ついた頃から、そのことが私はいつも不思議でした。 きっとすべてを忘れてしまうわけではないのだろうけれど、 そう考えるよりほか納得のできない程に、 大人は自分たちのことをまる…

花森安治さんと読む『暮らしの手帖』

おすすめの人、花森安治さんの特集も今回で最後です。 さて、『暮しの手帖』には、創刊以来 大切に引き継がれている花森さんの言葉が掲載されています。 表紙の裏面に綴られた、“暮しの手帖宣言”とも呼ばれる一文です。 「これは あなたの手帖です いろいろ…

花森安治さんと愉しむおしゃれのこと

1946年夏に出版された『スタイルブック』の巻頭に、 花森さんの言葉が以下のように掲載されています。 「まじめに自分の暮しを考えてみる人なら、誰だって、 もう少し愉しく、もう少し美しく暮したいと思うに違いありません。 より良いもの、より美しいもの…

花森安治さんと考えるもののけじめ

一貫した姿勢で、社会への問題提起を続けた花森安治さん。 歯に衣着せぬ言葉はなかなかに手厳しいものですが、 その根底には確固たる信念が感じられます。 夫の買ってきた第2世紀第1号の『暮しの手帖』で、 『ものの けじめ』と題して掲載された花森さんの…

花森安治さんと見つめる暮しのこと

あるとき、仕事終わりの夫が、 一冊の古雑誌を手に帰ってきたことがありました。 その頃住んでいた家の近くには、なかなかに好い品揃えの古本屋さんがあり、 二人してよく足を運んでいたのですが、その日は夕方ふらりと立ち寄った際、 何気なく手にした雑誌…